柴っ子くるみとの暮らし
お転婆で食いしん坊だけどかわいい我が家のひとり娘くるみとの暮らしをきままに綴ります。

柴犬時計

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

くるみママ

Author:くるみママ
柴っ子くるみと毎日楽しく暮らしてます♪

くるみ:柴犬 女の子
2003年10月5日生まれ
食べることとボールが大好きな元気っ子です。 

いくつになったの

*script by KT*

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

わんこの年齢は人間なら何歳かな?

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

くるみさんとぐるりん能登。その2
くるみさんとの能登旅行二日目です。

二日目の朝もやっぱり雨降り。
雨が止むことを願いながらの朝さんぽです。

雨の朝


おさんぽのあとの朝食はまた美味し!
お留守番のくるみさんのことを気にしつつもしっかりいただきました。
朝食を済ませて次の目的地を目指してお宿を出発。
『ペンション クルーズ』さんお世話になりました。

朝食  朝食

朝食  朝食

二日目は能登半島を時計回りにぐるっと回る予定で走っていると
道中で見つけた県指定名勝の『男女滝(おめだき)』。
向かって左側がゆるやかな流れが連なる「女滝」(本滝)、
右側が急傾斜で流れ落ちる「男滝」(支流)だそうです。

すべり台

見ていて気持ちがいい流れ方(?)でこういうの好きです。
すべり台みたいに流れたくなる感じの滝ですね。

男女滝

そしていよいよ朝ドラ『まれ』のロケ地となった輪島市大沢町へ。
だいぶ今さら感はあるけれどたくさんの観光客も訪れていてにぎわっている様子。
我が家も周りにならってロケポイントを見て歩きましょう。

まれロケ地

ドラマ内で役場として登場した場所。
架空の「外浦村」がそのままで残してあります。

役場

主人公家族が住んでいた家。
この辺りの家は潮風から家屋を守るため竹の囲い『間垣(まがき)』で囲われていて
『間垣の里』と呼ばれているそうです。

真垣の里

ドラマ用に造られた見張り櫓とバス停。
何気ないものでもついつい写真を撮ることに付き合うくるみさんありがとね。

見張り櫓

次に向かったのが輪島市白米町の白米千枚田。
斜面に大小たくさんの田んぼがあります。

千枚田

たくさんのいろんな形の田んぼなのでおもしろいですが
斜面だしひとつひとつの田んぼの形が違うし小さいしで
田植えも稲刈りも手作業だろうからかなりご苦労があるでしょうね。

千枚田

田んぼの周りを歩くことができるので近くで見たかったけど
いつの間にか雨が上がり太陽が出てきたら暑くてくるみさんは歩きたがらず
田んぼを眺めながら売店で買った塩むすび食べながら休憩しましょ。
でもくるみさんにはしょっぱいからあげられないんだけど。

塩むすび

次は朝市で有名な輪島市中心部を通過して(朝じゃないから)
珠洲市清水町にある揚げ浜塩田へ。

揚げ浜塩田

こちらもドラマのロケが行われた場所で本当に塩を作っている塩田なんですが
この時は何も作業が行われていなかったので残念ながら「ふ~ん」て感じ(汗)。
隣りの道の駅では塩づくりが体験できるようです。

揚げ浜塩田

塩づくりの体験はしなかったけれどせっかくなので塩ソフトクリームいただきます。
だんだん疲れてきたのでほんのりしょっぱいのがなかなかGOODですね。

塩ソフトクリーム

このまま能登半島の先端まで行きたいところですが
途中でショートカットして穴水町の『能登ワイン』に到着。

能登ワイン

お店のある丘の上まで上がってみると目の前には広~いぶどう畑が。
わ~ステキだね、くるみさん♪

広いね

ワイン用のぶどうの実も甘い香りがして美味しそう♪

ぶどう

ステキなぶどうの丘をおさんぽしておなかがすいたし
そろそろ本日のお宿に向かいましょうね。

おなかすいた

こうして能登半島をぐるっと回って(一部ショートカット)お宿に向かいましたが
長くなったのでその様子はまた次回へつづきます。


スポンサーサイト

テーマ:柴犬 - ジャンル:ペット











管理者にだけ表示を許可する


copyright 2005-2007 柴っ子くるみとの暮らし all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.