柴っ子くるみとの暮らし
お転婆で食いしん坊だけどかわいい我が家のひとり娘くるみとの暮らしをきままに綴ります。

柴犬時計

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

くるみママ

Author:くるみママ
柴っ子くるみと毎日楽しく暮らしてます♪

くるみ:柴犬 女の子
2003年10月5日生まれ
食べることとボールが大好きな元気っ子です。 

いくつになったの

*script by KT*

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

わんこの年齢は人間なら何歳かな?

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

チュン太郎。
今から遡ること10日ほど前の朝のこと。
さんぽから帰ったパパが「くるみがつかまえっちゃった~(汗)」
と出した手の中に居るものを見ると・・・
これはスズメのヒナ!?

くるみさんが茂みの中に顔を突っ込んでパクッとくわえて出てきたそうで
よく見たら左側の羽根の裏から血が出ていました。
くるみさんが噛んだせいか怪我をして動けなくなっていたのかはわかならいけど
そのまま放置するわけにもいかずにつれて帰ったそうです。

どこ?

私は鳥に関してはまったくわからなくて、
子供のころにインコを飼った経験があるというパパも
さすがに「どうしよう?ちゃんと飛べるようになるかなあ?」と焦り顔。
茹で卵の黄身をあげてみると、しばらくは放心状態だったスズメも
ひと口ふた口と食べてくれたのでとりあえずはひと安心。

あぐ

以前ハムスターを飼っていた時のケージがあったので鳥カゴの代用にしました。
最初は卵の黄身をお口まで持って行かなければ食べなかったけど
しばらくしたら自分でつついて食べられるようになりこれまた良かった。
まだ産毛のようなホワホワな毛が目の上にあります。
巣立ち前だったのかな?
もしかしたら飛ぶ練習中に巣から落ちてしまったのかも?

黄身

時々かご外に出してみましたが怪我をした羽根のせいかうまく飛べません。
もし飛べなかったらこのまま我が家で責任持って世話をした方がいいのかも・・・。

手乗り

でもだんだんかわいくなって「チュン太郎」なんて名前を付けちゃったりして(笑)。
男の子かどうかわからないけど。
このまま家においてもいいかな~。

飛べるかな

くるみさんも家の中にいるめずらしい生き物が気になる様子。
てか、くるみさんがつかまえたんだからちゃんとお世話してあげなよ~!

くるみとチュン太郎

だんだん元気になって来たチュン太郎はかごの中でバタバタと羽を動かし
外に出たい様子。
でも部屋の中で放してみても斜めに落ちてしまいます。
やっぱり羽のせいかなあ・・・。

出して

小鳥用の餌と虫(←これ苦手・・・)を買ってきて与えてみると
虫を餌とはわからないのか食べてくれません。
野生では虫を食べられなかったら生きていけないだろうと
無理やり口に入れてみてもペッ!と吐きだすチュン太郎。
とにかくゆで卵の黄身が好きでそればっかり食べるのでこれじゃダメだな。
でも2~3日するとちゃんと自分で食べていたので虫も無事クリア!

うまうま

食欲旺盛になるとともにかごの中でバタバタ大暴れも頻繁にして
とにかく元気元気なチュン太郎。
部屋の中でも落ちずに飛べるようになりこれでもう外に出しても大丈夫かな。

出せ

というわけで入り盆である13日の朝、保護した場所の近くで
チュン太郎を放鳥しました。
人に慣れていたのでケージの周りをバンバン叩いて怖がらせてから
ケージから出すとパタパタパタ~っとまっすぐ近くの木の上まで飛んで行きました。
飛び立つ瞬間を写真撮ろうと思ったのにそれもできないあっという間の出来事。

帰ります

あれから2日。
チュン太郎を放鳥したあたりを見回して「チュン太郎~!」って呼んだら
もしかして帰って来るかも、なんてやってみてももちろん帰って来ませんね。
でもいつか『つづら』を持ってきてくれるかも?
『小さなつづら』でいいからね、なんて、強欲ばあさんだなこりゃ(笑)。

とにかく厳しい野生の世界でがんばって生きて行っておくれ。
二度とわんこになんて捕まるんじゃないよ、チュン太郎~!!


スポンサーサイト

テーマ:柴犬 - ジャンル:ペット











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 柴っ子くるみとの暮らし all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.